ゼロから設計マン-機械-

ゼロから設計出来る若手エンジニアは育っていますか?

ゼロから設計マンとは
「設計だけじゃない」構想から試作・量産まで全てを考えるプログラム!
一流設計者の視座で作られた
超実践型カリキュラム

ゼロから設計マンの概要

ゼロから設計出来る技術者を養成する研修

  • 期 間

    9ヶ月
    (トータル18回)

  • 業 種

    製品に樹脂、
    板金の部品を
    含む業種全般

  • 対象者

    中堅以下の
    設計者

  • 推奨人数

    1グループ
    4名~8名

    (別途打ち合わせにより決定)

【この研修を受けることで得られるもの】

■ 抜本的に構造から見直す新規設計力

工業製品の設計現場においては、ゼロベースで設計出来るエンジニアが減少傾向にあります。それは、流用設計の増加や分業化、3D-CAD等のIT普及に起因するところ、あるいは厳しいリードタイム短縮への対応に追われて技術教育に十分な時間をさけなかったというケースも見受けられます。
本プログラムは、設計の愉しさを感じながら、新規開発力を有する設計者育成のために開発されています。

■ 顧客志向で価値を設計する力

製品を生み出すのに必要なのは設計スキルだけでは有りません利用者に対する深い理解があってはじめて、形状や寸法に意図がうまれます。
本プログラムでは、現役設計者の講師が、設計者目線で調べるべきポイントを優先的に指導。また、具体例として取り上げる製品設計時の意図を要件と考える事で、知識を知恵に昇華して身につける事をねらっています。

【導入後のお客様の声】

  • 数字で語るようになった。
  • 楽しそうに取り組んでいた。
  • 顔つきが変わってきた。
  • いろいろ考える癖がついた。
  • 色々な製品やサービスを
    意識して考えるようになった。
  • 競合相手に対しての
    差別化を考えるようになった。
超実践型カリキュラムでゼロから設計できる技術者になる!

【カリキュラム項目】

■ 抜本的に構造から見直す新規設計力

カリキュラム項目
  • スキルチェック
  • アイデア・特許
  • 構想設計
  • 詳細設計
  • 金型打ち合わせ
  • 図面設計
  • 部品確認
  • 試作・評価・変更
  • 量産・量産後
  • スキルチェック

【カリキュラム項目】

個人の設計力や、企業の文化として弱いポイントも明らかに


  • チェックシート

  • 傾向分析チャート

  • 個人成績表

【設計カリキュラム】

御社の業務負担を考慮し、トレーニング時間と頻度を提案します


  • 【考える】
    設計の意図や要件を考える

  • 【描く】
    三面図から想像した形状を手書き

  • 【学ぶ】
    世の中の設計から学ぶ